それは今週月曜の出来事。研究棟(といってもちっちゃいですが)は
他の同僚さんが出張等でおらず、σ(・_・)一人。今日は静かだな~と
思いながら色々と準備を始めていたときのこと。

ぶ~~~ん。

むっ!ハエか!いきなり静寂が台無しに(ノ_-)
まあいいや、後でなんとかするとして今はじゅんb・・・
ぶぶ~~~ん!

こっちまできてしまったね・・・。後でおしおk・・・
ばおぅぅ~~~~ん!
そして目の前を横切る巨大な黒い影。

Σ(`仝´;)
い、いやあああぎゃああああああああ!

ジャーンジャーン


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃        奇襲アタック!!            ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ヽ ノ
    γ_E、
 (\゙(`ー´)/)                           ”2″  (`仝´;)
  (ヾ(ノ ノ)”)
  ゙-/三ヽ-”゙
   ど、_ノづ
    ∨

┏━━━━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                   ┃┃                HP       ┃
┃でかスズメバチ          ┃┃ r.s.           48/50    ┃
┃                   ┃┃                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━━━━━━┛

あまりの巨体に驚き、とりあえず部屋入り口までダッシュで距離を取る!!
いやほんとに驚いた。

室内環境上、どうしても通気ダクトは開放状態なので、まれに虫が入ってくる
とはわかってたけど・・まさかこんなビッグなやつがくるとは・・・。

もう選択としては「逃げる」を選びたいところだけど、仕事にならないので逃げられない!
とりあえず装備しなおし。

左手にロングホウキ 右手には流しにある洗剤。残念ながら中性(ノ_-)

とりあえず様子をうかがうと、窓にごい~んごいんぶつかりつつ、たまに付近を哨戒
している様子。

ドキドキしながら近づいて・・・

ふ・・ふん!今日は運がわるかったようだ!
さあ、死んで後悔するまえにここを立ち去るんだな!(`・_・)      

 

・・・

 

・・・

 

すいません後悔しなくていいので速やかにお外に帰って頂けませんか(ノ_;)

と願うやいなや、ぶぃぃ~~~ん! とこちら目掛けて飛んでくるではないですか!
うわわ~んと思いつつも、とりあえず回避!(といっても様子みつつ距離とっただけ)

はっ!しまった、今日の装備・・・。黒のアンダーじゃないか~!(黒は攻撃対象に認識
されやすい?とか)
いくら白衣を着ているとはいえ、前がオープンではあぶないあぶない(ノ_-)

と、完全に黒を遮ってみるものの相変わらず勢いよくぶんぶん飛んでる。
すでに5分も経過してしまっている~・・・。

このままにらみ合い(?)をしててもしようがないので、接近してまずはその機動力を
落としてもらう!!

と、相手がやや止まった瞬間に中性洗剤シャワーをシュッ!(`仝´)
蜂がばたつく・・・が!

 

ぶいいいいん!!

ひいいいいい!!(`仝´;)
なんという力強さなんだよー。と、わたわたしてたらこっちに向かってくる~~~!

ぶいいいん!

むむ!なんのためのロングホウキだ~~!と、とりあえず飛行経路を見極めて
大振り一閃。

ばち~ん。

なんとか叩けつけるような感じになって、蜂は実験台に落ちる! やった!
と思ったら、まだ活発に動いている!
なんという体力(`仝´;)

残念ながらHITしたのはホウキの先端のようだったけど、飛行には傷害を
負わせることに成功! はっ!ここで一気に決めねば!

そう思ってとりあえずホウキで押さえつつ、右手でとっさに強アルカリ薬品を作る!!
ふっふっふ、これを作ればおぬしの装甲もひとたまりないよ(`ー´)ククク

と作ろうとしたところで、バサバサバサ! はやくも体力回復!?

そしてホウキで押さえてるけど(とはいえ毛先の部分)、もがいて顔だけだしてる!
そしてこっちを見ているような・・・。

─wwヘ√レvv~(`仝´ ;)─wwヘ√レvv~─ !!!

このプレッシャー・・・。
次にやらねばこちらがやられる!!

もう、このあたりは無我夢中で、届く範囲でもう1本のロングホウキをとる!
両刀ならぬ両ホウキ。
これ絶対外から見たらアホな格好だよね(ノ_-)

そんなことはいってられなく、とりあえずやつが完全復帰してはまずい・・・。

とにかく1回でも16回でもいいからHITさせてやつを倒さねば・・・。
と神経集中させて、左手のホウキを机にするようにスライドさせてオープンに
して、蜂がすぐ飛ばないように転がして・・・その瞬間にっ!

右手のホウキを縦に振り下ろす。えいやっっと!

HITしたところがまさに蜂の胴体と腹の、細いくびれのところで一刀両断(たまたま)
まさにクリティカルヒットでしょうか。ともあれようやく奴も昇天したようで、
いやな汗かきながらなんとか倒すことができました。と同時に妙に疲れました(ノ_-)
あとで定規もってきて大きさはかってみたら約7cm・・・。でかいよ・・・こわいよ・・・。
初めてこんなのとエンカウントしたよ・・・。

でもHITしたところはほんと良いところに当たったようで、びちゃ~とはならず
台を汚すことなく倒せたのはある意味ラッキーでしょうか!

こう思うと、オンラインゲームの中でキャラがいとも簡単に蜂やら虫やら倒してるのを
みると、実はすごいことなんだろうなあ。

と朝から慌ただしい月曜だったわけです。
ん~む、倒したのに経験値入った感じもしなければレベルもアップしなかったよ?(・_・)ゞ
あれそういえばお金やあいてm・・・