なにやら某所でものりおブームがあったようで、
しかも時を同じくして!

というわけで、50のクエラビにつれられていってみたわけですが。

(continue reading…)